酸素透過性とは

酸素透過性とは、コンタクトレンズがどの位酸素を通すかを示したもので角膜は皮膚と同じように酸素を通して呼吸しており、眼球の表面にあり角膜にたくさん酸素を運んでくれる酸素透過性が高いコンタクトレンズの方が目の健康には良いといわれています。
コンタクトレンズは眼球の表面にある角膜の上に乗せて使用しますので酸素透過性が低いレンズを使用すると角膜の酸素摂取量が少なくなってしまい、その状態が長時間続くと自覚症状がなくても角膜内皮細胞が徐々に少なくなってしまって、視力低下や眼病、最悪の場合は失明してしまう恐れもあるのです。
酸素透過率が高いコンタクトレンズも、新品の状態の時だけで使用していくとレンズ表面には汚れや皮脂が付着し洗浄・消毒してもその汚れは落ちないので酸素低下率はどんどん低下してしまいます。
使用期限が過ぎたレンズは目に酸素が運びにくくなっておりとても危険なので、必ず使用期限を守って使用しましょう。

Comments are closed.